読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pacemaker/Heartbeat で良く使うクラスタ操作コマンド

クラスタ情報の表示

crm_mon -1

# ノードでグループ化
crm_mon -1n

# フェイルカウントも表示
crm_mon -1f

ノード一覧の表示

crmadmin -N
crm node list
crm node status

リソース一覧の表示

crm_resource -L

リソースの位置を表示

crm_resource -WQ -r <resource>

スタンバイの設定(ローカルホストに対して)

# スタンバイにする
crm_standby -v on

# スタンバイから復帰
crm_standby -D

リソースのフェイルカウントのクリア

crm_failcount -D -r <rsc>
crm resource failcount <rsc> delete <node>

リソースのクリーンアップ ※フェイルカウントと故障履歴をクリア

crm_resource -C -r <resource>
crm resource cleanup <resource> [<node>]

メンテナンスモードのON/OFF

すべてのリソースが unmanaged になって start/stop/monitor が行なわれなくなります

crm configure property maintenance-mode=true
crm configure property maintenance-mode=false

cib.xml の表示

cibadmin --query

cib を xpath で抽出

cibadmin --query --xpath "//crm_config"

リソースやグループやノードのスコアを見る

ptest -s -L

リソースやグループやノードのスコアをもっとよくみる

wget http://hg.clusterlabs.org/pacemaker/stable-1.0/raw-file/c3869c00c759/extra/showscores.sh
chmod +x showscores.sh 
./showscores.sh

ノードのアトリビュート(属性)を表示

crm_mon の -A オプションが使えるならそれで。

crm_mon -A

使えない場合は・・・

cibadmin --xpath でローカルノードのアトリビュートを一覧表示。

cibadmin --query --xpath "//status/node_state[@uname='$(uname -n)']//nvpair"

crm_attribute で属性名を指定して表示。

crm_attribute --type status --node $(uname -n) --name ping_val --query