読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS6でシリアルコンソールを設定する

CentOS

CentOS6にシリアルコンソールの設定をしてみたところ、CentOS5とは色々違っていたのでメモっておきます(要するにカーネルパラメータだけ弄れば良くなった)。

/boot/grub/grub.conf

CentOS5と特に変わりはありません。

default=0
timeout=5
#splashimage=(hd0,0)/boot/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
serial --unit=0 --speed=115200 --word=8 --parity=no --stop=1
terminal --timeout=5 serial console
title CentOS Linux (2.6.32-71.29.1.el6.x86_64)
	root (hd0,0)
	kernel /boot/vmlinuz-2.6.32-71.29.1.el6.x86_64 ro 〜(中略)〜 console=ttyS0,115200n8r console=tty0
	initrd /boot/initramfs-2.6.32-71.29.1.el6.x86_64.img

/etc/inittab

カーネルパラメータでシリアルコンソールを指定していると自動的に agetty が立ち上がるので変更不要。
ただし ttyS0 を tty0 より先に書くと立ち上がらなかったので指定する順番によるのかも?

/etc/securetty

シリアルコンソールがコンソールになると自動的に追記されるので変更不要。