読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

redmine_dmsf を試してみたメモ

Redmine のファイル管理プラグイン redmine_dmsf をちょっと試してみたメモ。


インストールします。

sudo su - redmine
cd /var/lib/redmine/plugins
git clone https://github.com/seventhsense/redmine_dmsf
cd /var/lib/redmine/
bundle install

なにやらエラーになりました。

:
checking for uuid/uuid.h... no
checking for uuid.h... no
configure: error: Neither uuid/uuid.h nor uuid.h found - required for brass, chert and flint (you may need to install the uuid-dev, libuuid-devel or e2fsprogs-devel package)
rake aborted!
:

libuuid-devel が必要なようです。

sudo yum install libuuid-devel

改めて bundle install します。

cd /var/lib/redmine/
bundle install

マイグレーションやアセットのコンパイルをします。

bundle exec rake redmine:plugins:assets RAILS_ENV=production
bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

アプリケーションサーバを起動します。

RAILS_ENV=production bundle exec rails server -b 0.0.0.0 -p 9876

使ってみた感想です。

  • Redmine をファイルサーバっぽく使える
  • Redmine の画面から D&D で複数アップロードできる
  • 同じファイルをアップロードするとバージョン管理される
  • WebDAV でもアクセスできる
  • ファイルに承認フローを設定できる
    • 具体的に何が起こるのかは試していない
    • なぜか承認者に一部のユーザーしか選択できない? 謎い?
  • ファイルの編集をロックできる
    • 自分以外は編集できないようにできる
  • Redmine の画面からメールの添付ファイルで送信することができる
    • From は redmine のグローバル設定の From のまま

メールで送信するのがためらわれるようなサイズのファイルを取引先に送りたいとき、今は Apache で作った WebDAV とかにアップロードして、IP アドレスとか Basic 認証とかで制限していたのですが、Redmine を WebDAV として使えるなら Redmine のアカウントの管理だけで良くなるので便利そうです。

と、思ったんだけど、チケットやフォーラムでファイルを添付するなり、「ファイル」の機能を使えばいいんじゃないか? って気がした。

そもそも、このプラグインは Redmine 上で文章管理するためのものであって、ファイルの受け渡しのために一時的なファイルの置き場所にするような用途には向かないと思う。

ので、自社で使用している Redmine への導入は見送り。