読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GitLab 5.0 を CentOS 6.4 にインストールした

Git GitLab CentOS

追記 2013/04/08

単に GitLab を動かすだけなら ruby をシステムグローバルにインストールする必要は無いので rvm とか rbenv とか、もしくは /home/git/ruby-1.9.3/ あたりにインストールする方がいいかもしれない。


なんかいろいろ変わったらしいので入れてみました。

依存パッケージのインストール

epel リポジトリを追加します。

rpm -Uvh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

開発ツールをインストールします。

yum groupinstall 'Development Tools'

その他の必要なパッケージをインストールします。 おおむね gitlab-recipes/install/CentOS_6.md の通りですが、 あきらかに不要そうなパッケージは除いています。

yum install vim-enhanced httpd readline readline-devel ncurses-devel gdbm-devel glibc-devel \
            tcl-devel openssl-devel curl-devel expat-devel db4-devel byacc \
            sqlite-devel gcc-c++ libyaml libyaml-devel libffi libffi-devel \
            libxml2 libxml2-devel libxslt libxslt-devel libicu libicu-devel \
            python-devel redis sudo mysql-server wget \
            mysql-devel crontabs logwatch logrotate \
            perl-Time-HiRes

最新にアップデートして再起動しておきます。

yum update
reboot

CheckInstall のインストール

ruby を RPM にするために checkinstall をインストールします。

checkinstall は x64 だといろいろ問題がありますが、修正したものがあるのでそれを使います。

cd /usr/local/src
git clone https://github.com/ngyuki/checkinstall.git
cd checkinstall/
make
make install
mkdir -p ~/rpmbuild/SOURCES
checkinstall --pkgversion=1.6.3
rpm -ivh ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/checkinstall-1.6.3-1.x86_64.rpm

Ruby 1.9.3 のインストール

CentOS6 の標準レポの ruby-1.8.7 だと動作しないので ruby-1.9.3 を入れます。

configure--disable-install-doc をつけないと checkinstall の「tempディレクトリにファイルをコピー..」という段階で致命的に時間がかかります(数時間とかのオーダーでかかるらしいです)。 GitLab のサーバ上で ruby でコーディングすることは無いのでドキュメントのために無駄に時間をかける必要もないでしょう。

cd /usr/local/src
wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p392.tar.gz
tar xvzf ruby-1.9.3-p392.tar.gz
cd ruby-1.9.3-p392
./configure --prefix=/usr --disable-install-doc
make

checkinstall で RPM を作成します。そこそこ時間がかかりますが途中で中断しないようにしてください。 途中で中断してからもう一度 checkinstall すると中途半端な RPM になってしまいます。

checkinstall --fstrans=no --pkgname=ruby --pkgversion=1.9.3 --pkgrelease=p392 --exclude=$(pwd)

出来上がった RPM をインストールします。

rpm -ivh ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/ruby-1.9.3-p392.x86_64.rpm

bundler も必要なのでインストールしておきます。

gem install bundler --no-rdoc --no-ri

理由はわかりませんが charlock_holmes をバージョン指定でインストールしておく必要があるようです。

gem install charlock_holmes --version '0.6.9' --no-rdoc --no-ri

/usr/bin/ruby は ruby-1.8.7-p357.i386 に必要とされています」というエラー

ruby の RPM のインストールで「/usr/bin/ruby は ruby-1.8.7-p357.i386 に必要とされています」というエラーになる場合、中途半端な RPM になっています。

/usr/bin/ruby などに ruby 関連のファイルが作成されているはずなので、それらを全て手動で削除してから checkinstall をやり直してください。

MySQL の設定と起動

MySQL を開始して mysql_secure_installation します。

chkconfig mysqld on
service mysqld start
mysql_secure_installation

GitLab のためのユーザとデータベースを作成します。パスワードは適当に要変更です。

mysql -u root -p mysql
CREATE USER gitlabhq@localhost IDENTIFIED BY 'password';
CREATE DATABASE gitlabhq_production;
GRANT SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE, CREATE, DROP, INDEX, ALTER ON gitlabhq_production.* TO gitlabhq@localhost;

Redis の起動

Redis が必要らしいので起動しておきます。

chkconfig redis on
service redis start

Git アカウント

git アカウントを作成します。

adduser --system --shell /bin/bash --comment 'GitLab' --create-home --home-dir /home/git git
su - git

.ssh/authorized_keys を適切なパーミッションで作成しておきます。これをやっておかないと git push で怒られます(sshd に)。

mkdir .ssh
touch .ssh/authorized_keys
chmod 700 .ssh
chmod 600 .ssh/authorized_keys

ついでに git config しておきます。

git config --global user.name  "GitLab"
git config --global user.email "gitlab@example.com"

GitLab Shell のセットアップ

GitLab Shell をクローンして 5.0 のためのバージョンをチェックアウトします。

git clone https://github.com/gitlabhq/gitlab-shell.git
cd gitlab-shell
git checkout -b v1.1.0 v1.1.0

config.yml.example をコピーして gitlab_url を書き換えます。

cp config.yml.example config.yml
sed -i 's|http://localhost/|http://localhost:3000/|' config.yml
diff -u config.yml.example config.yml
--- config.yml.example  2013-04-02 22:00:28.813622014 +0900
+++ config.yml  2013-04-02 22:01:06.584622431 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 user: git
 
 # Url to gitlab instance. Used for api calls
-gitlab_url: "http://localhost/"
+gitlab_url: "http://localhost:3000/"
 
 # Repositories path
 repos_path: "/home/git/repositories"

最後に次のコマンドを実行して GitLab Shell のセットアップは完了です。

./bin/install

GitLab のセットアップ

GitLab をクローンして 5-0-stable ブランチをチェックアウトします。

cd ~
git clone https://github.com/gitlabhq/gitlabhq.git gitlab
cd gitlab
git checkout 5-0-stable

config/gitlab.yml.example をコピーしてホスト名やメールアドレスを変更します。

cp config/gitlab.yml.example config/gitlab.yml
vi config/gitlab.yml
diff -u config/gitlab.yml.example config/gitlab.yml
--- config/gitlab.yml.example   2013-04-02 22:04:42.552625248 +0900
+++ config/gitlab.yml   2013-04-02 22:07:09.330628529 +0900
@@ -15,7 +15,7 @@
   ## GitLab settings
   gitlab:
     ## Web server settings
-    host: localhost
+    host: gitlab.example.com
     port: 80
     https: false
     # Uncomment and customize to run in non-root path
@@ -27,10 +27,10 @@
 
     ## Email settings
     # Email address used in the "From" field in mails sent by GitLab
-    email_from: gitlab@localhost
+    email_from: gitlab@example.com
 
     # Email address of your support contact (default: same as email_from)
-    support_email: support@localhost
+    support_email: support@example.com
 
     ## Project settings
     default_projects_limit: 10

書込可能ディレクトリのオーナーとパーミッションを設定します(不要?)。

chown -R git log/
chown -R git tmp/
chmod -R u+rwX log/
chmod -R u+rwX tmp/

config/unicorn.rb.example をコピーして listen を変更します。

cp config/unicorn.rb.example config/unicorn.rb
sed -i config/unicorn.rb -e '/^listen/{
  a listen 3000
  s/^listen/#listen/
}'
diff -u config/unicorn.rb.example config/unicorn.rb
--- config/unicorn.rb.example   2013-04-02 22:03:39.954624770 +0900
+++ config/unicorn.rb   2013-04-02 22:07:33.742626105 +0900
@@ -17,7 +17,8 @@
 
 #listen 8080 # listen to port 8080 on all TCP interfaces
 #listen "127.0.0.1:8080"  # listen to port 8080 on the loopback interface
-listen "#{app_dir}/tmp/sockets/gitlab.socket"
+#listen "#{app_dir}/tmp/sockets/gitlab.socket"
+listen 3000
 
 pid "#{app_dir}/tmp/pids/unicorn.pid"
 stderr_path "#{app_dir}/log/unicorn.stderr.log"

config/database.yml.mysql をコピーして username と password を変更します。

cp config/database.yml.mysql config/database.yml
vi config/database.yml
diff -u config/database.yml.mysql config/database.yml
--- config/database.yml.mysql   2013-04-02 22:03:39.953624770 +0900
+++ config/database.yml 2013-04-02 22:12:23.071238884 +0900
@@ -7,8 +7,8 @@
   reconnect: false
   database: gitlabhq_production
   pool: 5
-  username: root
-  password: "secure password"
+  username: gitlabhq
+  password: password
   # host: localhost
   # socket: /tmp/mysql.sock

satellites ディレクトリを作成します。

cd ~
mkdir gitlab-satellites

bundle で Gem をインストールします。

cd gitlab
bundle install --deployment --without development test postgres

データベースを初期化します。

bundle exec rake gitlab:setup RAILS_ENV=production

root に戻ります。

exit

init スクリプトの設置

サービス起動のための init スクリプトを設置します。

curl --output /etc/init.d/gitlab https://raw.github.com/gitlabhq/gitlab-recipes/master/init.d/gitlab-centos

ただし、この init スクリプトは GitLab 4.1 用で、そのままでは動かないので修正します。

sed -i.orig 's/USER=\$NAME/USER=git/' /etc/init.d/gitlab
diff -u /etc/init.d/gitlab.orig /etc/init.d/gitlab
--- /etc/init.d/gitlab.orig     2013-04-02 22:19:57.585375138 +0900
+++ /etc/init.d/gitlab  2013-04-02 22:19:59.838364486 +0900
@@ -20,7 +20,7 @@
 NAME=gitlab
 
 # The username and path to the gitlab source
-USER=$NAME
+USER=git
 APP_PATH=/home/$USER/gitlab
 
 # The PID and LOCK files used by unicorn and sidekiq

init スクリプトを有効にします

chmod +x /etc/init.d/gitlab
chkconfig --add gitlab

インストールの確認

うまくインストール出来ているかどうか確認します。この作業は git アカウントで行います。

su - git
cd gitlab

以下のコマンドでいろいろ情報を表示します。

bundle exec rake gitlab:env:info RAILS_ENV=production

次のような内容が表示されます。

System information
System:         CentOS release 6.4 (Final)
Current User:   git
Using RVM:      no
Ruby Version:   1.9.3p392
Gem Version:    1.8.23
Bundler Version:1.3.4
Rake Version:   10.0.3

GitLab information
Version:        5.0.0
Revision:       8b76157
Directory:      /home/git/gitlab
DB Adapter:     mysql2
URL:            http://gitlab.example.com
HTTP Clone URL: http://gitlab.example.com/some-project.git
SSH Clone URL:  git@gitlab.example.com:some-project.git
Using LDAP:     no
Using Omniauth: no

GitLab Shell
Version:        1.1.0
Repositories:   /home/git/repositories/
Hooks:          /home/git/gitlab-shell/hooks/
Git:            /usr/bin/git

以下のコマンドでいろいろチェックします。

bundle exec rake gitlab:check RAILS_ENV=production

次のような内容が表示されます。Running? と Init script up-to-date? が赤字の no になると思います。

Checking Environment ...

Git configured for git user? ... yes
Has python2? ... yes
python2 is supported version? ... yes

Checking Environment ... Finished

Checking Gitlab Shell ...

GitLab Shell version? ... OK (1.1.0)
Repo base directory exists? ... yes
Repo base directory is a symlink? ... no
Repo base owned by git:git? ... yes
Repo base access is drwxrws---? ... yes
post-receive hook up-to-date? ... yes
post-receive hooks in repos are links: ... can't check, you have no projects

Checking Gitlab Shell ... Finished

Checking Sidekiq ...

Running? ... no
  Try fixing it:
  sudo -u git -H bundle exec rake sidekiq:start RAILS_ENV=production
  For more information see:
  doc/install/installation.md in section "Install Init Script"
  see log/sidekiq.log for possible errors
  Please fix the error above and rerun the checks.

Checking Sidekiq ... Finished

Checking GitLab ...

Database config exists? ... yes
Database is SQLite ... no
All migrations up? ... yes
GitLab config exists? ... yes
GitLab config outdated? ... no
Log directory writable? ... yes
Tmp directory writable? ... yes
Init script exists? ... yes
Init script up-to-date? ... no
  Try fixing it:
  Redownload the init script
  For more information see:
  doc/install/installation.md in section "Install Init Script"
  Please fix the error above and rerun the checks.
Projects have satellites? ... can't check, you have no projects

Checking GitLab ... Finished

git アカウントでの作業は完了です。

exit

GitLab 開始

service コマンドで開始します。

service gitlab start

次のURLでログイン画面が表示されます。

http://gitlab.example.com:3000/

次の通りに入力してログインできます。

Email: admin@local.host
Password: 5iveL!fe

Apache の設定と起動

多分そのままでも使えますが、Apache 経由のアクセスになるように変更します。

vi /etc/httpd/conf.d/gitlab.conf

次の通りに gitlab.conf を作成します。

<VirtualHost *:80>
    ServerName gitlab.example.net
    ProxyRequests Off
    <Proxy *>
        Order deny,allow
        Allow from all
    </Proxy>
    ProxyPreserveHost On
    ProxyPass / http://localhost:3000/
    ProxyPassReverse / http://localhost:3000/
</VirtualHost>

Apache を起動します。

chkconfig httpd on
service httpd start

次のURLでアクセス出来ます。

http://gitlab.example.com/

使ってみた感じ

GitLab 3.0.3(今使ってるバージョン) と比べると、下記のような点が良い感じだと思いました。

  1. gitolite がいらないのでインストールがめちゃくちゃ楽

  2. GitHub のようにリポジトリのURLが username/repository のようになった

  3. ↑にともないグループ(GitHub でいうところの組織?)を作れるようになった

  4. リポジトリを任意で public にできる(プロトコルは HTTP)

  5. Wiki が Git でアクセスできる!(GitHub の Gollum という Wiki エンジンが使われているらしい)
    「ローカルで編集 → Git で Push」で Wiki が更新できる