読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS5でrpmforgeからCactiを入れているときにphpを5.3に変更する

CentOS5 で rpmforge から Cacti をインストールしていると、依存関係で php 5.1 がインストールされます(CentOS5 の php パッケージ)。

この状態で php のバージョンを 5.3 に上げるために php53 パッケージをインストールしようとしても競合でインストールすることは出来ません。phpを削除すると依存関係で Cacti まで削除されますし、その後で php53 をインストールしたとしても Cactiphp パッケージに依存しているので Cacti の再インストールすることは出来ません。


ただ、Cacti 自体は php 5.3 でも動作するはずなので、php53 をインストールした後で、Cacti を依存関係を無視してインストールしてみました。

php5.1のアンインストール

yum erase php*

以下のパッケージが削除されました。

php
php-cli
php-common
php-devel
php-mbstring
php-mysql
php-pdo
php-pear
php-snmp
cacti

php5.3のインストール

yum install php53 php53-cli php53-common php53-devel php53-mbstring php53-mysql php53-pdo php53-snmp

php-pear は php5.1 のものをインストールします。

yum install php-pear

cactiのRPMパッケージをダウンロードとインストール

依存関係により yum ではインストール出来ないので rpm をダウンロードして依存関係を無視するオプションを指定してインストールします。

yumdownloader --enablerepo=rpmforge cacti
rpm -ivh --nodeps cacti-0.8.7g-2.el5.rf.noarch.rpm